借金の時効

 

時効というのは借金の場合にもあるのでしょうか?時効というのはよく耳にすることがあると思いますが、時効のイメージとしては罪から逃れるというようなことがあるかも知れません。
時効にも実はさまざまなものがあり、消滅時効や取得時効、公訴の時効や刑の時効などがあります。
そして、時効は借金にもあります。
借金の場合は、消滅時効ということになります。
消滅時効というのは、一定の期間、貸し手が債権を行使しなくてそのままにしておいた場合、この債権が無くなってしまうことです。
つまり、貸し手が返済を時効が成り立った後に請求しても、借金を返す義務は法律上は無くなるのです。


いつ借金は時効になるのでしょうか?貸し手によって、借金の時効の期間は違っています。
消費者金融・信販、銀行などの金融機関などからの借金の場合は5年、友人や親、知人などの個人からの借金の場合は10年になっています。
しかしながら、時効はこの期間が単に経過すると成り立つようなものではありません。
時効の主張を行う必要があります。
時効の援用と時効を主張することを言います。
具体的な方法としては、相手方に援用通知を配達証明付郵便で送るなどがあります。
このような時効の援用を行わなければ、完全には時効は成立せず、時効の援用を行って初めて時効は成立するため注意するようにしましょう。
また、相手方に承諾をもらうことは必要ではありません。


本サイトでは、時効の中断、返済義務が無くなる、消滅時効の成立、についてご紹介します。